素材

バスタオルには、様々な素材が使われています。

色々な素材が使われていますが、タオルの素材として一般的なのはコットンです。その他には耐久性に優れている麻や、速乾性に優れている化学繊維などがあります。また、赤ちゃんがいる家庭にはガーゼ素材のタオルが向いています。
タオルは肌に直接触れるものなので、手触りがいい商品を選んだり、毎日使うので吸水性に優れているものを買ったりすることも重要です。

ホテル

バスタオルは、自宅で使ったり、ホテルの備品として置かれていたりすることがあります。

バスタオルは、他のタオルと比べて幅広で長さがあります。そのため、入浴後の濡れた体を拭くのに最適なサイズです。 More »

サイズ

バスタオルとは、主に入浴後の体を拭くために用いるタオルです。
顔を拭くために用いるフェイスタオルなどと比べると、幅広で長さがあります。そのため、大きめのタオルとなっており、入浴後に体全体を拭いてもビショビショに濡れたりはしないのです。

More »

ハンカチ

バスタオル以外にも、タオルには様々な種類があります。

例えば、タオル地になっているミニハンカチもありますが、ポケットに入れておいたり、カバンに入れておいたりするのにはちょうどいいサイズです More »

 
収納

肌触り

タオルは、使った後に洗濯をして、再び使用します。
人間は、身だしなみを整えるために洗顔をしたり、入浴をしたりします。
また、トイレから出て来たら手を洗うので、タオルを使わない日はありません。
しかし、仕事がある日は洗濯をするのが難しいのも事実です。使ったタオルは洗濯をしますが、洗濯できないままのタオルがたまっていきます。
そのため、休みの日にまとめ洗いをする場合には、速乾性が高いタオルを購入するのがベターです。タオルに使われている素材の中で、速乾性に優れているのはガーゼやポリエステルなどの化学繊維です。
洗濯をしたらすぐに使いたいという人も、ガーゼやポリエステルのように速乾性が高い素材のタオルを購入することで、洗濯が楽になります。…

バスタオルの上にひまわり

洗濯

使用後のタオルは洗濯をします。清潔なタオルを使うためには、使用後の洗濯が欠かせません。
ただ、バスタオルのように大判のものは、素材によっては洗濯をしてから乾くまでに時間がかかります。
しかし、仕事が休みの日にまとめ洗いをする人にとっては、タオルが乾くまで待っていられない状況の時もあるかもしれません。
例えば、ちょうど7日分しかバスタオルを持っていないのに、休日の2日とも雨が降ってしまうと使えるタオルが無くて困ってしまうでしょう。
しかし、吸水性が高い素材のタオルを購入すれば、洗濯をしてもすぐに乾くので便利です。…

バスタオル3つ

ギフト

バスタオルなどを始めとするタオル類は、自宅で使うだけでなく、ギフトとして贈ることもあります。…