ルミガンの副作用


ルミガンでまつげ育毛

多毛

ルミガンはまつ毛だけではなく、産毛を育成する作用もあります。ルミガンを塗る際に目元についてしまうと、その部分の産毛がはっきりと生えてきてしまうようになります。

そうすると、ムダ毛の処理をしなければいけなくなるので、ルミガンを塗る際にはまつ毛にだけ付くように気を付ける必要があります。


色素沈着

ルミガンがまつ毛だけではなく、目の周辺についてしまうと色素沈着が起こり、その部分が茶色くなってしまうことがあります。

臨床実験においては、色素沈着の発症率は3%とそこまで高くないですが、目の周辺の皮膚の色が変化してしまうため、気にしてしまう女性が多いようです。メイクでうまく隠している、という女性もいますが、色素沈着を理由に使用をやめている女性もいるようです。


まぶたのくぼみ

口コミで多く報告されているのが、まぶたのくぼみです。ルミガンを使用し始めて数週間でまぶたの脂肪が減ってきて、徐々にくぼんできてしまう人も中にはいるようです。

もともと腫れぼったい瞼の人からは、「すっきりとして良かった」という声も届いていますが、副作用によりゾンビのような見た目になってしまったという人もいます。

ルミガンの使用を中止することで元の状態に戻るので、くぼみに気がついた時点で、すぐに使用を中止した方がいいでしょう。


眼瞼下垂

ルミガンの使用を続けていると、眼瞼下垂という瞼が垂れ下がってくる副作用があらわれる可能性があります。眼瞼下垂を起こすと腫れぼったい、もしくは老けた表情となってしまい、せっかくまつ毛が伸びたとしても台無しになってしまいます。


副作用豆知識

これらのルミガンによる副作用の回避には、ルミガンをまつ毛の間のみに丁寧に付着させる他、他の場所に付着してしまった場合には、直ちに拭き取ることが予防策としてあげられます。

 

インポートエージェンシーストア