ビマトプロストの概要


ルミガンでまつげ育毛

ビマトプロストとは?

ビマトプロストとは、生理活性物質であるプロスタマイドF2αに類似した作用を有する、プロスタマイドF2α誘導体のことを指します。ビマトプロストは、房水の流出を促すことによって緑内障、高眼圧症の進行を予防することができます。また、睫毛を伸ばす働きがあることもわかっており、FDA(アメリカ食品医薬品局)の承認も取得しています。

日本では、千寿製薬によってルミガンという商品名で販売されています。


ビマトプロストの特徴

ビマトプロストは、1日1回の点眼で安定した眼圧下降作用が得られるのが特徴です。その強力な効果から、開放隅角緑内障の治療薬として、多く使用されています。


ビマトプロストの注意点

ビマトプロストを点眼するのは、1日に1回までにする必要があります。点眼を前日に忘れたからといって、翌日に2回点眼することは副作用の原因となります。

また、コンタクトを付けている場合は、点眼してから再度レンズを付けるまで少なくとも15分以上待つ必要があります。

ビマトプロストは根本治療ではないため、使用を開始したからといって、すぐに緑内障などの症状が改善されるわけではありません。継続的に点眼することで眼圧をコントロールできるようになるため、根気強く続ける必要があります。


ビマトプロストの副作用

ビマトプロストを点眼液として使用した場合、副作用の発症率は約8割と報告されています。副作用には、睫毛異常、結膜充血、光彩色素沈着、結膜出血などがあげられます。

さらに、ビマトプロストを含有した化粧品に関しては、過量投与により視神経を損傷する恐れが指摘されています。


使用に注意が必要な人

持病やアレルギーがある人は、ビマトプロストを使用する前に医師にしっかりと相談する必要があります。

また、喘息のある人、無水晶体眼、眼内レンズを挿入している人、ヘルペスウイルスが潜在している可能性のある人も、服用の前の医師の診断は必須です。

 

インポートエージェンシーストア